読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神話とか、古代史とか。

日本をはじめあちこちの神話や古代史、古代文化について、考えたこと、わかったこと、考えたけどわからないことなど。

はじめに

 基本的には、過去に発表した論文などをPDF化して、ひっそり公開する場所ということにしたい。でもこれらはいかんせん論文調で(論文だから仕方ない気もするが)、いま見ると多少読みにくい。

 これだとどうも不親切なので、ブログの本文であれこれと、解説もするつもりでいる。まだ発表してないことも、多分そのうちに書くだろう。

 現在公開中のファイルは以下の通り。※2017年以降の論文は、こちらから。


 1. 吊手土器の象徴性(上)
(大和書房『東アジアの古代文化』96号 1998年)
https://drive.google.com/open?id=0BzHYsigCE0xRWDFqU0JZRUFfQms

2. 吊手土器の象徴性(下)
(大和書房『東アジアの古代文化』97号 1998年)
https://drive.google.com/open?id=0BzHYsigCE0xRMS1SOXZUM3hxU1E

3. スサノヲと植物仮装来訪神
(大和書房『東アジアの古代文化』108号 2001年)
https://drive.google.com/open?id=0BzHYsigCE0xRcVFNYk5PMVBtRG8

4. 道祖神と近親相姦
角川書店『怪』18号 2005年)
本文:
https://drive.google.com/open?id=0BzHYsigCE0xRWW5yb2daMUExZmc
注釈:
https://drive.google.com/open?id=0BzHYsigCE0xRSnI0aFlTOUx4T1U


 ついでにそれぞれの内容を、簡単に紹介しておこう。

「吊手土器の象徴性」
 論文では「吊手土器」だが、普通は「釣手土器」と書く。実はこれ、最初は手書きの論文だったので、一回一回「釣」と書くのが面倒になり、画数の少ない「吊」を使ったのだ。
 釣手土器は、お祭用の縄文土器である。非常に凝った細工がほどこしてあるが、文様が抽象的なので、どういう意味があるのか一見わからない。で、それぞれの文様の意味を考えてみた。「ぱっと見の印象」とかのあてずっぽうではなく、一応それなりに根拠がある。


「スサノヲと植物仮装来訪神」

 植物仮装来訪神というのは、造語である。秋田のナマハゲのように、植物を身にまとった来訪神(決まった時期に人里を訪ねてくる神)のことだ。日本神話のスサノヲは、もともとこの種の来訪神だったんじゃないの、という仮説を唱えている。

 

道祖神と近親相姦

 道祖神(境界の守護神)について、いろんな角度から考えてみたもの。都合7本(序文と結語を含めれば、9本)の論文からなるので、割と長い。自分では、特に「I 誰がサヨヒメを殺したか」と「V 盲僧と境界」、「VI 諏訪のミシャグチ」あたりが、いまでもかなりいいと思う。


  なお、プロフィールの「川谷真」は、管理者(=私)の本名だ。PDFを見れば、どうせ本名が書いてあるし、普通に公開することにした。

2017年以降の論文

 「はじめに」に追記するつもりでいたが、1つの記事があまり長くなるのはなんか嫌なので、別立てにしてみた。

 ともあれいまのところ、こちらですでに紹介した「ワカヒコ - タカヒコネ神話と昔話」という論文しかない。この後続々と増えればいいが、全然増えなかった場合、そっと「はじめに」に移すかもしれない。

 以下例によって、「公開中のファイル」と「内容紹介」を。


 1. ワカヒコ - タカヒコネ神話と昔話
(『比較民俗学会報』169号 比較民俗学会 2017年1月)https://drive.google.com/open?id=0BzHYsigCE0xRTThpTUMxbVhZQ0k

「ワカヒコ - タカヒコネ神話と昔話」
 『古事記』『日本書紀』に登場する、アメワカヒコとアヂスキタカヒコネの神話について考えてみたもの。やや扇情的に紹介すると、
記紀神話の中では、知られざる『殺人事件』(?)が起きていた。その犯人は、そして被害者は誰か?」
 という話でもある。ちなみに被害者が不明なのは、探偵小説でもそこそこ珍しいパターンだ。

 

釣手土器の話 18 - 日本の雷神はだいたいヘビ

 で、イザナミの死体に生じた「八雷神」が、ヘビかどうかという話である。これについては日本の古い文献に、雷神が実際ヘビとして描かれた話がいくつかある。まずは『日本書紀』から、小子部蜾蠃(「ちいさこべのすがる」と読む)という人が、三輪山の神を捕まえてくる場面をみてみよう。

 雄略天皇(5世紀後半)のころ、小子部スガルという豪傑がいた。雄略はあるときこの人に、
「三諸岳(三輪山)の神を見たいから、連れてこい」
 と言う。スガルは三輪山で大蛇を捕らえ、連行した。大蛇は雄略の前に出ると、「虺虺(ひかりひろめ)」かせ、目を光らせて威嚇した。雄略はびびって逃げ隠れ、大蛇を三輪山へ返させたという。
(雄略紀7年7月)

 「虺虺」とは「雷鳴をとどろかせる」という意味だから*1、この大蛇は雷神なんだろう。ちなみにこの逸話、ギリシア神話にある次のような場面によく似ている。

「エウリュステウス王はヘラクレスに、地獄の番犬・ケルベロスを連れてこいと言う。ヘラクレスが実際連れてくると、王はびびって壺に逃げ込んだ。」(図1)

f:id:calbalacrab:20170428222736j:plain
図1 ケルベロス VS エウリュステウス*2

 部下に無茶振りするときは、相手を見た方がいいということだ*3

 また、『常陸国風土記』にはこんな話もある。

 ヌカビコ・ヌカビメという兄妹がいた。妹がある日ヘビを産み、このヘビは日に日にでかくなる。「養いきれないから、父(神)のとこへ行け」とヌカビメが言うと、ヘビは「子供を1人、同行させてほしい」と言う。うちは兄妹2人だけだから、と母に断られ、ヘビは内心かなりキレた。で、いよいよ昇天というときに、伯父を腹いせに「震殺(ふりころ)」した。
(那賀郡茨城里)

 「震殺す」とは、「雷撃で殺す」ことだそうだ*4。雷を落とせるくらいだから、このヘビも雷神にちがいない。

 少なくとも、記紀風土記の時代――8世紀以前の日本では、雷神はおおむねヘビとしてイメージされていたのだろう。となるとやはり、イザナミ神話の八雷神も、ヘビだった可能性が高いということでいいと思う。

 ちなみに「八雷神=ヘビ」というのは、割と一般に言われてることで、別に珍しくもなんともない。いくつか(と言うか、3つだが)例を挙げておこう。

福島秋穂
「……八雷神(八色雷公)の登場する話が創作された原初段階において、創作者が其の実体を如何なるものと考えていたのかは判然としないが、(中略)其の実体が蛇であるとされていた可能性は極めて大きい。」*5

篠田知和基
イザナミも雷神が体にたかっていたという描写は腐敗した死体に蛆がたかった様子でもあろうが、神話的にはやはり、雷、すなわち蛇神として現れたことで、ペルセポネやメリュジーヌと同じ蛇の系譜である。」*6

阿部真司
「……八つの雷には天から霹靂するというあの雷のイメージはない。それより腐爛した死体にまとわりついた『蛇』が目をかがやかせている姿の方がふさわしい。」*7

  ほかには折口信夫津田左右吉も、だいたい似たことを言っているらしい。ついでにとり・みきの漫画『石神伝説(1)』(文藝春秋)でも、八雷神はやはりヘビとして描かれてたものだ。

 ところでなんでさっきから、「八雷神=ヘビ」を熱心に推すのかと言えば、もちろん釣手土器につながってくる。田中基氏の説によれば、曽利や御殿場の釣手土器(その裏側)に見られる逆立った髪の毛みたいなパーツは、ヘビを表しているという*8(図2。第3回参照)。これが実際ヘビならば、釣手土器裏側の「目ばかりの顔」は、八雷神(ヘビ)がたかったイザナミの姿に、かなり接近してくるのである。

f:id:calbalacrab:20170427210224j:plain

図2 左:曽利出土/右:御殿場出土*9

*1:黒沢幸三『日本古代の伝承文学の研究』塙書房 1976年 197ページ。

*2:http://vignette2.wikia.nocookie.net/greekmythology/images/8/83/Kerebrus.jpg/revision/latest?cb=20150405224349

*3:無茶振り自体をやめれば、さらにいい。

*4:秋本吉徳『常陸国風土記講談社 2001年 149ページ。「震殺」の読み方には諸説あるが、ここでは『日本古典文学大系(2)風土記岩波書店 1958年 81ページによった。

*5:福島秋穂『記紀神話伝説の研究』六興出版 1988年 109~110ページ。

*6:篠田知和基『竜蛇神と機織姫』人文書院 1997年 83ページ。

*7:阿部真司『蛇身伝承論序説』新泉社 1986年 94ページ。

*8:田中基「メデューサ型ランプと世界変換」(『山麓考古』15号 1982年)。田中氏には、『縄文のメドゥーサ 』(現代書館 2006年)という著作もある。

*9:左:『井戸尻 第8集』富士見町井戸尻考古館 2006年より。/右:http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/158078

釣手土器の話 17 - 死んだイザナミと八雷神

 特にここからはイザナミ神話が重要になるので、その内容をまとめておく。なお、最初にお断りしておくと、今回は字ばっかりだ。

 イザナミは、イザナギという神と結婚し、日本列島その他を産み出した。でも最後に火の神(カグツチ)を産んだので、焼け死んでしまう。

 妻を失ったイザナギは怒り、迷わずカグツチの首をはねる(酷)。で、イザナミを連れ戻そうと、黄泉国(死後の世界)へ向かった。

 黄泉国でイザナギは、「帰ってきてくれ」とイザナミに頼んだ。イザナミは、
「なんとかならないか、こっちの神様と相談してみるわ。でもその間、明かりをつけて私を見ちゃ駄目よ?」
 的なことを言う。こういう場合のお約束で、もちろんイザナギは見るのである。

 さっきまで普通に話していたイザナミだが、明かりをつけるとどういうわけか、腐乱死体である。イザナギはとっとと逃げ出して、追いかけられてもなんとか逃げ切って、黄泉国の入り口を巨石でふさいだ。

 イザナミは怒り心頭で、
「あんたがそういう態度なら、毎日地上の人間を、1000人くびり殺してやる!」
 と、怖いことを言う。イザナギは、
「じゃ、こっちは毎日1500人ずつ生まれるようにするわ」
 と言って、イザナミとは喧嘩別れした。以来イザナミは、「黄泉津(よもつ)大神」=黄泉国の支配者と呼ばれるようになったという。

 要するにイザナミという人は、あらゆる生命を産み出した母なる女神であるとともに、容赦なくこれを回収する死に神でもある。典型的な大母神であり、心理学とかで、グレート・マザー(太母)と呼ばれる例のアレだ。ここからは、死の女神としてのイザナミに注目して話を進めよう。

「釣手土器裏側のデザインには、死んだイザナミのイメージに近いものがある」
 と、前回で書いた。ではその死んだイザナミは、どのような姿だったのか? もちろん死んでいるわけだから、普通に腐ったりウジが湧いたりしてたのだが、『古事記』『日本書紀』によれば、どうもそれだけではないらしい。イザナミの死体からは、「八雷神」と呼ばれる謎の神々が発生していたと言われている。

 頭には大雷居り、胸には火雷居り、腹には黒雷居り、陰には析雷居り、左の手には若雷居り、右の手には土雷居り、左の足には鳴雷居り、右の足には伏雷居り、あはせて八の雷神成り居りき。
(『古事記』)

 首に在るは大雷と曰ふ。胸に在るは火雷と曰ふ。腹に在るは土雷と曰ふ。背に在るは稚雷と曰ふ。尻に在るは黒雷と曰ふ。手に在るは山雷と曰ふ。足の上に在るは野雷と曰ふ。陰の上に在るは裂雷と曰ふ。
(『日本書紀』)

 頭と胸が、それぞれ「大雷」と「火雷(ほのいかづち)」で、性器が「さくいかづち(析雷/裂雷)」なのは、『古事記』も『日本書紀』も同じである。それ以外は発生した場所とか名前とかがいろいろ違ってるが、とにかくどちらも8柱の雷神がいたのは変わらない。

 この雷神さんたちのヴィジュアルについて、記紀に具体的な描写はない。が、これはどうやらヘビの神だったのではないかと言われている。というところで、長くなったので、ここまでにしよう。

釣手土器の話 16 - ところであなたは死んでますか?

 釣手土器の裏側(窓が複数ある方)は、多くの場合顔になっている。それはいいとして、なぜこんな変わった顔なのか?

f:id:calbalacrab:20170409203958j:plain
図1 左:大深山出土/右:御所前出土*1

 釣手土器背面のデザインとして、一番多いのはいわゆる「目ばかりの顔」だ(似たようなものは、顔面把手の裏側にもときどき現れる)(図1)。ときにはひょっとこのような顔だったり、双面だったりすることもある(図2)。

f:id:calbalacrab:20170409204259j:plain
図2 左:井荻三丁目出土/右:穴場出土*2

 なんにせよ、この時代の普通の土偶や顔面把手(表側。図3)とは、見るからに違うデザインだ。

f:id:calbalacrab:20170409204452j:plain
図3 左:棚畑出土/右:海戸出土*3

 この事実は、
「釣手土器の裏側は、死んであの世の支配者になった女神(のちのイザナミ)の顔を表す」
 という田中基氏の仮説(第3回参照)にとって有利である。

 ただ、文様解読でわかるのは、「何やら異様な顔だよね」というところまでだ。そこから一歩進めて、「これがほんとに死者の顔なのか?」をたしかめようと思ったら、ちょっと(どころでなく)難しい。

 釣手土器(特に顔面把手付のもの)の表側については、「火を出産する女性を表してるらしい」と、割と突っ込んだ結論を得ることができた(と、思う。第4回参照)。でもこれは、出産の様子を描いたことが丸わかりのサンプル(御所前顔面把手付土器。図4)があるからできたことだ。

f:id:calbalacrab:20170409211346j:plain図4 御所前出土*4

 一方裏側については、「縄文人が、死者をどのように表したか」というたしかなサンプルがないから、文様解読という手は使えない。「死んだ女神を表す」というのは、一つの有力な解釈だが、唯一ではない。
「トランス状態で、表情が一変したシャーマンを表す」
 とか、
「何かの動物に仮装した女性の姿だろう」
 とか、そういう解釈も普通にアリだろう。

 ただ、
「釣手土器裏側のデザインには、死後のイザナミのイメージに近いものがある」
 というところまではなんとか言えそうだ。ここからは、そのあたりの話で細々と、しめやかにつないでいくことにしよう。

*1:左:http://content.swu.ac.jp/rekibun-blog/files/2012/05/PB130363.jpg/右:森浩一『図説日本の古代(2)木と土と石の文化』中央公論社 1989年より。

*2:左:江坂輝彌ほか編『古代史発掘(3)土偶芸術と信仰』講談社 1974年より。/右:諏訪市博物館の絵はがきより。

*3:左:茅野市教育委員会『棚畑』1990年 より。/右:『縄文時代展』福岡市博物館 1995年より。

*4:『八ケ岳縄文世界再現』新潮社 1988年より。

釣手土器の話 15 - ふくらんだところが窓になる

 釣手土器のデザインはだいたいにおいて、顔面把手(付土器)をリスペクト(?)していることが多い。第4回以来、しつこく書いてきたことだが、改めておさらいしておこう。

 まず曽利遺跡の釣手土器(図1右)は、御所前顔面把手付土器(同左)の「胎児」の顔の部分を窓にしたようなデザインだ(第4回参照)。

f:id:calbalacrab:20170313212643j:plain
図1 左:御所前出土/右:曽利出土*1

 より一般的な釣手土器(顔面把手がないもの)だと、顔面把手の顔にあたる部分が窓になっている(図2。第5回参照)。私が勝手に、「顔面把手ブチ抜き型」と呼んでいるアレだ。

f:id:calbalacrab:20170202225259j:plain
図2 左:海道前C出土/右:大深山出土*2

 そして釣手土器の背面も、やはり顔面把手の裏側に見られる奇妙な顔――一応「目ばかりの顔」と呼んでいる――の、目の部分を窓にすることで成立したらしい(図3。第13回など)。

f:id:calbalacrab:20170313213205j:plain
図3 左:富士見台出土/右:大深山出土*3

 こうしてみると、釣手土器のデザインには、一定の法則があるようにみえる。

 まず、顔面把手の顔の部分はたいていの場合、横から見ると半球状に盛り上がっている。それはもちろん、「胎児」の顔についても言えることだ(図4)。

f:id:calbalacrab:20170313214353j:plain
図4 左:海戸出土/右:御所前出土*4

 背面の「目ばかりの顔」にしても、表側ほどではないものの、やはり目の部分は丸くふくれている(図5)。

f:id:calbalacrab:20170313214717j:plain
図5 左:御所前出土/右:富士見台出土*5

 つまりどうやら釣手土器は、表裏とも、「顔面把手(付土器)のふくらんだところをブチ抜いて、窓にしたような」デザインになっているのである(図6~8)。

f:id:calbalacrab:20170313215043j:plain図6 顔面把手付釣手土器の場合

f:id:calbalacrab:20170313215211j:plain図7 普通の釣手土器の場合

f:id:calbalacrab:20170313215322j:plain
図8 釣手土器背面の場合

 この「ふくらんだところをブチ抜く」というコンセプトは、また後でとり上げることになると思うので、心に留めておいていただきたい。

*1:左:『八ケ岳縄文世界再現』新潮社 1988年より。/右:『井戸尻 第8集』富士見町井戸尻考古館 2006年より。

*2:左:https://www.pref.yamanashi.jp/maizou-bnk/topics/101-200/images/kaodoumaehanakokakudai1.jpg/右:http://line.blogimg.jp/kondaakiko/imgs/2/2/22598148.jpg

*3:左:拙論「吊手土器の象徴性(上)」(大和書房『東アジアの古代文化』96号 1998年)より。/右:http://content.swu.ac.jp/rekibun-blog/files/2012/05/PB130363.jpg

*4:右:http://livedoor.4.blogimg.jp/vipsister23/imgs/6/e/6e3444ca.jpg

*5:左:森浩一『図説日本の古代(2)木と土と石の文化』中央公論社 1989年より。/右:拙論「吊手土器の象徴性(上)」(大和書房『東アジアの古代文化』96号 1998年)より。

釣手土器の話 14 - 双面、または3面の土器

f:id:calbalacrab:20170228155323j:plain図1 穴場出土*1

 穴場遺跡の釣手土器はその背面(窓が複数ある方。図1)に、「目ばかりの顔」を2つ並べている。ここまでは、前回書いた通りである。これに似たような例としては、藤内遺跡(長野県富士見町)や東吹上遺跡(群馬県高崎市)出土の釣手土器がある(図2・3)。

f:id:calbalacrab:20170303231208j:plain
図2 藤内出土*2

f:id:calbalacrab:20170303231346j:plain図3 東吹上出土*3

 どっちも裏側がきれいに二分され、それぞれ目のような窓がある(藤内の方は、左側が大きく欠けていてちょっとわかりにくい)。穴場釣手土器の例からみて、これらも背面に、2つの顔をもっているのだろう。特に東吹上の方は、窓の下にそれぞれ突起があり、鼻を表してるように見える。面白いのは、穴場釣手土器にもよく見れば、同じ位置に突起があることだ(図4参照)。

f:id:calbalacrab:20170303235306j:plain
図4

 「目ばかりの顔」に鼻があるのは珍しいが、位置的に鼻としか思えない。これが鼻なら、これらの釣手土器の背面はやはり、「2つ並んだ顔」ということで間違いなさそうだ。

 上の3つとは毛色が異なるが、ここでもう1つ、裏が双面になっている釣手土器を紹介しておこう。神奈川県寒川町、岡田遺跡の出土品だ(図5)。

f:id:calbalacrab:20170303232404j:plain
図5 岡田出土*4

  これは一見、割と一般的なタイプの釣手土器である。つまり表に窓が1つ、裏に窓2つ。表は女性(女神?)の顔面が窓になっており、裏は「目ばかりの顔」になる。そういう釣手土器があることは、第5回6回でみた通りだ。たとえば長野県川上村、大深山遺跡の釣手土器(図6)などは典型的である。

f:id:calbalacrab:20170307125551j:plain
図6 大深山出土*5

 でも岡田遺跡のものは、これらとは微妙に違っている。よく見れば、裏側がきれいに二分され、左半分と右半分が、まったく同じつくりなのだ。これは多分、「顔面把手ブチ抜き型」(第5回参照)の女性の顔が計3つ(表に1つ、裏に2つ)、並んでる形なのだろう。ちょっと変則的なデザインではあるが、これも「裏が双面の釣手土器」の仲間に入れていいと思う。

 これだけいくつも例がある以上、裏側に2つの顔を並べた表現は、ただの気まぐれなどではなさそうだ。何か意味のあるデザインなのだろうが、こればかりはどうもわからない。論文(「吊手土器の象徴性」。くわしくはこちら)でも、話がややこしくなりそうで、この件には一切触れなかった。双面の意味についてはまた、別に考えてみることにしたい。

*1:諏訪市博物館の絵はがきより。

*2:上川名昭『甲斐北原柳田遺跡の研究』巌南堂書店 1971年より。

*3:『東吹上遺跡』群馬県立博物館 1973年より。

*4:http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/206871

*5:左:http://line.blogimg.jp/kondaakiko/imgs/2/2/22598148.jpg/右:http://content.swu.ac.jp/rekibun-blog/files/2012/05/PB130363.jpg