神話とか、古代史とか。

日本をはじめあちこちの神話や古代史、古代文化について、考えたこと、わかったこと、考えたけどわからないことなど。

スサノヲとナマハゲ

スサノヲとナマハゲ 12 - 病は「木」から

蘇民将来伝説(前回参照)のスサノヲは、茅の輪を着けてない人間を、ひと晩で全滅させている。どうやって殺したかは書いてないが、すぐ後に、「疫病が発生したときは、茅の輪を着けろ」 とのセリフがある。ということはこのときも、疫病でさくさく殺したのだ…

スサノヲとナマハゲ 11 - 蘇民将来の話

「『スサノヲ=植物仮装来訪神』説に有利な神話を挙げていこう」シリーズもこれで5回目だ。最後にとり上げるのは、「蘇民将来」の神話である。これだけは、『古事記』『日本書紀』や『出雲国風土記』じゃなくて、『備後国風土記』の逸文に出てくる。 ちなみ…

スサノヲとナマハゲ 10 - 女神を殺す男たち

久々にスサノヲの話である。今回とり上げるのは、スサノヲによる「オホゲツヒメ殺し」の物語だ。『古事記』によれば、事件の概要はこんな(↓)感じ。 天界から追放されたスサノヲは、オホゲツヒメという女神に「喰い物くれ」と言った。オホゲツヒメは、鼻の…

スサノヲとナマハゲ 9 - 「底」と「根」の国

「『スサノヲ=植物仮装来訪神』説に有利な神話を挙げていく」シリーズ第3弾は、「スサノヲと根の国との結びつきを物語る神話」だ。ちなみに「根の国」とは、要するに死後の世界である。「その根の国と、植物仮装来訪神になんの関係が?」 という点は、おい…

スサノヲとナマハゲ 8 - 種まく子ら

前回に続き、「スサノヲ=植物仮装来訪神」説に有利だなぁ、と思える神話を挙げていこうという話である。今回はその第2弾、「スサノヲと植物との結びつきが、間接的にうかがえる」神話特集だ。要するに、スサノヲの関係者(特に子供たち)には、植物神・穀物…

スサノヲとナマハゲ 7 - 草と木とスサノヲ

だいぶ遠回りした気がするが、ここからスサノヲの話である。そもそもこの「スサノヲとナマハゲ」は、「スサノヲは、本来暴れん坊の英雄とかじゃなく、植物で仮装するタイプの来訪神だった!」 と、主張するためのコーナーだ(第2回参照)。 この主張を裏づけ…

スサノヲとナマハゲ 6 - 陰謀じゃない方の秘密結社

「植物仮装来訪神の共通点」(くわしくはこちら)シリーズ第3弾、「秘密結社、または男子結社を構成する」の話である。第1弾は第4回、2弾は第5回でやったので、未読の方は参照されたい。 秘密結社という言葉には、男の子の男の子心(←?)を刺激する何かがあ…

スサノヲとナマハゲ 5 - 「泣ぐ子いねがー」な、人々

前々回からしつこく書いてるが、植物仮装来訪神たちの共通点は次の3つである。 1. 「祖霊」、または「死霊」とみなされている。2. 子供に対して教育的(むしろ、脅迫的?)な機能をもつ。3. 秘密結社、または男子結社を構成する。 今回はその2つ目、子供の教…

スサノヲとナマハゲ 4 - 死者たちの帰還

世界の「植物仮装来訪神」には、 1. 「祖霊」、または「死霊」とみなされている。2. 子供に対して教育的(むしろ、脅迫的?)な機能をもつ。3. 秘密結社、または男子結社を構成する。 という共通点があると、前回で書いた。ここからしばらく、これらの特徴を…

スサノヲとナマハゲ 3 - 植物のお化け

前回に続き、スサノヲと「植物仮装来訪神」の話である。ここで一応、植物仮装来訪神なるものを定義しておくと、「植物(主に葉と茎の部分)で、体の大半を覆った来訪神」 ということになる。 図1 ボゼ*1 たとえば日本では、悪石島(鹿児島県)のボゼ(図1)…

スサノヲとナマハゲ 2 - 訪れる神

「スサノヲと植物仮装来訪神」という論文(くどいようだが、「はじめに」からダウンロードできる)のキモは、ざっくりまとめるとこういうこと(↓)になる。 一見よくわからん神であるスサノヲだが、その一番コアになる性格は、「植物仮装来訪神」としての顔…

スサノヲとナマハゲ 1 - 木をつくる巨人

ここからしばらく、「スサノヲと植物仮装来訪神」という論文(「はじめに」からダウンロードできる)の話がメインになる。多分だが、釣手土器のときほど長くはならないと思う。 『古事記』の神話を読んだ人ならたいていスサノヲについて、「なんか知らんが、…